義父の意志により大田区で家族葬を行いました

義父の意思を尊重して大田区で家族葬を選びました

家族葬 大田区大田区で葬儀・家族葬

3年前に亡くなった義父義父の意思を尊重して大田区で家族葬を選びました家族葬は準備に追われないから良い

義父は生前、長期の入院などしたくない、ぽっくりと誰にも迷惑をかけずに亡くなりたいということを話していました。
その言葉を知っていたので、この状態は義父の望むことではなかったので私も本当につらかったです。
そして入院から5カ月後、義父は家族みんなに見守られながら病院のベッドの上で亡くなりました。
その日は何と私の夫の誕生日だったのです。
ある程度の覚悟は家族全員が持っていたのですが、やはり悲しいものでした。
しかし悲しみにひたっているひまもないくらいに、今度は葬儀について考えなければなりませんでした。
義父は生前、葬式は派手なものはやりたくない、家族だけで十分だと話をしていたので、家族全員が迷わず家族葬を選びました。
隣の大田区に家族葬を扱っている葬儀場があったので、そこでお願いをすることが決まりました。
夫は4兄弟の末っ子だったので、喪主は一番上のお兄さんが行い、夫は決まったことに同意をしたり、少し意見を述べる程度でした。
翌日はすぐにお通夜となりました。
義父がなくなったのは朝だったので、その日の夕方には自宅に戻りました。
自宅で過ごすのは最後ということで、一番上のお兄さんと夫はその日は一緒に実家にとまりました。
私は幼い娘を二人抱えていたので、一度自宅に戻りその日は自宅で娘と3人で過ごしました。